発電機について

発電機の種類

発電機には、ガソリン発電機、ディーゼル発電機、LPガス発電機、カセットガス発電機などがあります。

ガソリン発電機

メリット

出力が高く、種類も豊富です。低温環境下でも問題なく発電するのも強みです。 

デメリット

ガソリン自体が非常に引火性が高いため、室内では使えません。

販売規制が厳しくなってきており、一般家庭での保管は基本的にはNGです。

また、購入してから3か月以上経過したガソリンは劣化が始まるため、故障の原因にもなります。

ディーゼルほどではありませんが、騒音も気になるところです。


ディーゼル発電機

ディーゼル発電機

メリット

現場作業などパワーが必要なシーンで活躍しており、軽油を使用するのでガソリンに比べて燃料代が安く済みます。

デメリット

エンジン自体が大きく重い(100kgを超えてしまうものが多い)ため、持ち運びに適しません。

環境に有害なガスを排出し、騒音も比較的大きく、燃料の軽油も劣化による長期保存がきかず、家庭用や防災用には不向きです。


カセットガス発電機

カセットガス発電機

メリット

手軽に持ち運びもでき、カセットガスも簡単に手に入るため、防災用やキャンプ用として人気です。

デメリット

発電量も弱く、カセットガス2本同時セットタイプでも1~2.5時間程度しか持ちません。

手軽な反面、この点が防災などの非常用には若干心もとなく感じます。


LPガス発電機

LPガス発電機

メリット

燃料が劣化せず、長期保存が効きますので、災害の備えに最適です。

また、正しく使えば他の燃料と比べても特別危険な物ではありません。

騒音や振動も比較的小さく、排気もクリーンです。

デメリット

LPガスが備蓄に最適なことが、広く知られていません。

東日本大震災以降見直されて各自治体でも導入していますが、まだ日が浅く商品ラインナップが少ないところも問題です。


発電機選びの注意点

インバータ付きの発電機を選びましょう

発電した電気を、家電製品で問題なく使えるようにするためにはインバータできれいな「正弦波」に整える必要があります。

発電機を買ったのに、いざというときに発電できない?

せっかく発電機を買っても、いざという時に発電できないケースが少なくないことを知っていますか?

何故そんなことが起こるのでしょう?

発電機が使えない主な原因は「燃料」

発電機があっても発電できない理由は発電機の故障と燃料の問題です。

故障はともかく、実は燃料が使えなくて発電できないケースが非常に多いのです。

そうです。災害時は燃料の確保が難しいのです。